小説置き場。偏見と偏愛をくどくどかいております。
ごあいさつ
フリーエリア。Information等にお使いください。
不要な場合は▼インフォメーション~//▲インフォメーションを削除。
--'--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008'03.29.Sat
雨に閉ざされたひみつ
銀魂3Zで銀八先生 別サイトで上げていたものを再載。
今どき立ち姿がきれいな女は珍しい。
すっと伸びた背筋は細くて頼りない。そのくせ凛としてみえるんだ。こいつは一筋縄でいく女じゃないなと、生徒相手になに考えてんだ俺。


雨に閉ざされたひみつ


「あれ、どうしたのちゃん。休日出勤なんて俺と同じくらい真面目だなぁ。」


通学鞄は雨に色が滲んでいた。
よくみると髪からこぼれる水滴に、セーラーの襟が色を滲ませている。外は雨か。3日前にみた天気予報では、たしか休日は一日中晴れるはずだった。窓をみて初めて音が耳に入った。俺の聴覚もだいぶん役立たずだ。そういえば雨のにおいがする。


「忘れ物とりにきたついでに少し勉強してこかなぁ、と思ったんだけど教室誰もいなくて。」
「寂しくなって俺に会いに来たの?」
「帰るところです。」
「まあまあ、そう言わないで少し寄ってきな。お菓子もあるよ。あ、そうだちゃんお前だけだぞ面談やってないの。」


は空を少しみつめて溜め息をついた。
あからさまに盛大な溜め息。雨が嫌なのか俺が嫌なのか、はたまた面談が嫌なのか。


「…イチゴポッキーが食べたい。」


大量にあるぞ!


タオルを渡すと髪を押さえるように水気をとっていった。僅かに傾けた首筋がセーラー服に色っぽいなとか、先生はそんなこと考えませんとも。セーラー服はAVで補完計画だ。


「それでなに?ちゃん地元受けるんだ。」


とりそこなっていた調書に進路希望先を書き込んだ。俺の汚い文字をみて、はあからさまに眉をしかめる。なにか嫌われるようなことしただろうかと思うけれど、きっと彼女のような娘は俺のような駄目な大人が嫌いなんだろう。彼女はまだ子供で、潔癖に生きているふりをしている。
伸ばされた背中。
あれは一種の自己表示なんじゃないだろうか。わたしは真っ直ぐに実直にいきているわよ、って。


「あそこレベル高いよね。国立だし。」
「今年はうちのクラス多いな。たしか土方と桂もここだよ。あと高杉もか。優秀だねぇ。」
「は?高杉くん?そういえば最近学校ちゃんと来てるね。」
「そうそう、人は見掛けによらないんだぞ~。」


今までの模試の結果をとりだして、よくよく眺める。彼女の希望する大学は難関校といわれる部類で、どうしてこんな難しい道を選ぶのか俺にはよく分からなかった。分かるような気もしたけど、やっぱり俺としては人生苦しむべきじゃないと思ってるんだよね。受験って苦しいのよ。ずっと昔のことを思い出す。そういや俺も受験したっけ。


「ま、ちゃんなら大丈夫でしょう。このままゆるめに頑張ってね。」
「は~い。」


はイチゴポッキーをかじりながら視線だけ外をみる。長いまつげが弧を描いて上をむいているのがわかった。案外大きな瞳は、無邪気な印象。まだ子供だ。


「まだ、雨降ってる。」
「先生のお菓子食べ尽くさないなら、まだいてくれていいぞ。」


食べ尽くしても、いてもいいよ。


人形みたいな顔してるから、芸術鑑賞のつもりでもうすこし眺めさせてくれないかねえ。ポッキーを口内へ導くように薄い唇が器用に動いた。内側にピンク色のチョコが溶けて残っている。
俺はオードリーよりマリリン派なわけで、薄いより厚い唇が好みなんだけれど、このときばかりはこのボリュームにかける唇になんだかムラムラした。
女子高生っていいよね。若さと紙一重に幼さが同棲している。こいつの場合は処女性までも。どうして処女だと思うかって、こいつはまだ男に幻想抱いてる潔癖症の女だからだ。


「…ちゃんさぁ、」
「え、ごめん、食べ過ぎ?」
「いやね、あの大学選んだのって、土方と一緒だから?」


一瞬、表情から幼さが消えてすぐに元通りになる。かおを作るのが上手な女だ。自分がまわりからどういう風にみられていて、どういう風に振舞うのを望まれているか理解している。きっとすべてが計算ずくなんだ。しゃべりかたや笑うタイミング、伏せる瞼とか。無意識にしろそうでないにしろ。


「違います。わたし昔から行くならあそこって決めてたし、先生が思ってるような関係じゃないですから。」
「知ってる?ちゃん嘘つくとき丁寧語になるの。」


黒目がちな瞳が俺を捕らえる。引きずり込まれそうになる気迫に怯えた。美人は真顔でも美人だが、整ってる分恐ろしい。いままでそうやって大人を騙して来たんだろうけど、中途半端に大人になった銀八先生には通用しないんだ。


「、知らなかった。」
「・・・冗談だよ。俺そこまでお前のことしらねえもん。なんにしても、お前が自分で決めたんなら問題ない。」


はふわり、唇で笑う。


「嘘つき。先生はわたしのこと、よく知ってるでしょ。」
「え、おいおい、大人をからかうんじゃありませんよぉ。」
「雨あがった。また明日、先生。」


生徒にあしらわれてるんじゃあ、俺の教師業もあがったりだ。事実、俺はあいつのことを良く知っていたから。


080328 再載
スポンサーサイト
13 :55/ 名前変換
Comment
コメントありがとうございます!
No subject
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2008/04/06(Sun) | URL | みんな の プロフィール #-[ edit ]
Comment Form
コメントありがとうございます!
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Track back
トラックバックありがとうございます!
管理人の承認後に表示されます
2012/10/27(Sat) |
管理人の承認後に表示されます
2012/10/27(Sat) |
管理人の承認後に表示されます
2012/10/27(Sat) |

Template by Girl's Dis Material by Fierd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。