小説置き場。偏見と偏愛をくどくどかいております。
ごあいさつ
フリーエリア。Information等にお使いください。
不要な場合は▼インフォメーション~//▲インフォメーションを削除。
--'--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006'02.17.Fri
英語のストック
相槌ってやっぱりどの国でも必要だとおもうのよね。
「It is.」そうですね。
「Absolutely.」もちろんです。
「Could be. (It could be.)」そうかもね。
「Did she?」(彼女が?)
「Oh, really?」(へぇ、本当?)
「Right.」(そのとおり)
「I wonder.」(そうかな)
「No kidding.」(冗談でしょ)

待たせてごめん
『Sorry to have kept you waiting!』

面倒をかけてゴメンナサイ
『Sorry for putting you to so much trouble.』

心配してくれてありがとう
『Thank you for thinking of me.』

それってどう発音するの?
『How do you say that?』これは、結構頻度高めかなと。なにこれ読めん!ってのあるんですよ。denyがディナ~イとか、発想できんし

私はいろいろな小説を原語で読めたらなあ,と思います
『I want to be able to read many novels in their original languages.』 願望・・・

パンはトーストして食べるほうが好きです
『I like it when the bread is toasted.』

私は写真うつりがあまりよくありません
『I don't photograph well.』・・・これはね。うん。必需

うまいこというじゃん。
『It's nice to hear that.』 ここらへん、感覚の差異が・・・

彼は裏口入学だったらしいね
『It looks like he bought his way into this school.』笑っちまう

もうすぐ夕飯です
『Dinner is almost ready.』
スポンサーサイト
15 :19/ OLD
Comment
コメントありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/17(Fri) | | #[ edit ]
Comment Form
コメントありがとうございます!
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Track back
トラックバックありがとうございます!

Template by Girl's Dis Material by Fierd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。